2008年06月11日

マーキュリーの完全ヒストリー本
Mercury - The complete catalog of production

2年ほど前にイタリアから取り寄せてそのままだったマーキュリー社のコンプリート・ヒストリー。ようやくじっくり目を通してみましたが、いや、これはすごいです。
IMG_2844.JPG
5人のコレクターが3年をかけて製作したというだけあっておそろしく濃いです。そのうちの一人はマ社国外営業部長の倅(ギフトセットでヘルメットかぶってたあの少年)で、親父をひっぱりだして知られざる秘話を開陳させてます。
例えば・・・

●フィアット1500スパイダーで世界初の両ドア開閉を提案するもロートル幹部が却下、結果ソリドの後塵を拝した

●フィアット2300Sに続いてマセラティ3500GTでもフル・アクションを指示するも工場長が無視してセールス低下、例の無謀かつ意味不明なコンペティション・ヴァージョンはその打開策
 
●金型職人が「ツインカムシャフト」を「ツインシャフト」と誤解したため、実はアバルト・ビアルベロの裏板にはトランスミッション・シャフトが2本モールドされている!
 
●ランチア・フルヴィア・クーペのパッケージ・デザイン監修はジウジアーロ!

●名作250LMモデル化のためにフェラーリ社が出した許諾条件は、ミニカー300台の無償提供!

●ディーラーに新作ジュリアGT(両ドア開閉のみ)をマ社としては抑え目の小売価格950リラでプレゼンしたところ、ポリトーイ新シリーズの同車がフルアクションで800リラだと教えられ仰天!

●ディノ・スペチアーレ以降、英ディンキーとは新作がかぶらないように協定を結んでいた

●日本のとある業者から引き合いがあったのでサンプルを送ったが取引には至らず。程なく「マーキュリー」を日本で商標登録したのはその業者

とまあ、驚愕・笑撃の新事実がてんこ盛りなわけです。
周知のとおり実車のパーツも生産していたマ社はラインが需要に追いつかず、この営業部長がミニカー大量受注後の対応に苦労していたことも吐露されています。

コレクターにとって何よりも嬉しいのはカラーバリエーションを可能な限り写真掲載し、各モデルにしっかりテキストが割かれている点。その記述は金型の修正箇所にも及び、コレクターにすればかゆいところに手が届きまくりです。ハードカバー全470ページ、そのクオリティはグレート・ブック・オブ・コーギーをはじめとする従来のミニカー資料本を凌ぐ圧倒的なものがあります。伊英テキスト併記なのでそのうち洋書屋にでも入荷するかと思ってましたが、どうも未だに版元からの直販でしか買えないようです。僕が購入したときは140ユーロ、今は160ということでかなり高価ですがオールド・ミニカー・コレクターはマスト・バイだと思います。


posted by solido161 at 05:30| Comment(4) | TrackBack(0) | mercury | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この本は、洋書としては、紙質も良くて、印刷もキレイですよね。
おっしゃられる通り、洋書屋に入るかと思いきや、ダメだったので、
結局自分で輸入しました。

イタリアはEMSのサービスがなくなってしまい、このサイズの本は、
Pacco Celere Internazionaleで送ってもらうしかありませんでした。
イタリアの郵便局で受け付けてくれるらしいですが、その正体は
DHLと思われる配送手段で、とんでもない送料と、おまけに関税を
何百円か、取られました(泣)。

まぁ届いたら、このぶ厚さじゃ、しょうがないか、と思いますし、
無事着いただけマシでした。ホントに内容は最高です。
出だしの「みにくいアヒルのコ」から、笑えますよね。英文も
載せてくれて助かりました。イタリア旅行に行く人がいたら、
おみやげに頼むといいですね、といっても、私のまわりには
いないのですが。
Posted by ヨウ at 2008年06月11日 20:21
やはりお持ちでしたか! たしかに輸入コストはむちゃくちゃかかりましたね。これ、ミニカー本というよりは一玩具メーカーの豪華社史と言ってもいい内容なのでひょっとしたらトイコレクタブルズ書籍に分類されてない可能性がありますね。それゆえに洋書屋も気付きにくいみたいな。
Posted by ぴろ@solido161 at 2008年06月11日 22:41
アバルト・ビアルベロの裏版を見たら「ツインシャフト」化されていました。でも言われないと見ても何だか分かりませんね。
フルヴィアのパッケージは秀逸ですよね。やはり影で超大物が動いていたのですね。ミニカーの歴史にも絡んでくるとはさすがです。
Posted by Wildman at 2008年06月11日 23:56
wildman様
>言われないと見ても何だか分かりませんね
そうなんですよ。誰も指摘しなかったのはつまりそういうわけですね。ちなみにマーキュリーはフィアット850スパイダーの実車パーツにも絡んでいたそうで、ミニカーの方はベルトーネのサイン入りプロモーション・パッケージに入ったブツが存在するようです。見たい。
Posted by ぴろ@solido161 at 2008年06月12日 04:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。