2005年03月13日

フィアット600 by ポリトーイ
politoys-m 511 fiat 600

長らく戦後不況が続いたイタリアではこのセイチェントでさえ贅沢と思われていたそうで、その廉価版として2年後に登場したのがチンクチェントなんだそうです。つまり500より600の方が先なんですね。
IMG_0758.jpgIMG_0766.jpgIMG_0767.jpg
600のミニカーは仏ディンキーに大傑作がありますが、それと比べるとポリトーイのはかなり大ぶりに作られており、よく見ると前後のサイド・ウインドウの比率がおかしなことになっています。500じゃなくて600だぞと念を押された金型職人が意識し過ぎちゃったのか、必要以上にルーミーな雰囲気になっています。
IMG_0759.jpgIMG_0762.jpgIMG_0765.jpg
IMG_0769.jpgIMG_0772.jpgIMG_0771.jpg
イエロー・ゴールド(メーベがこの色よく使いますね)のモデルはぼくの所有しているもの以外は一度もお目にかかったことがありません。オリジナルかどうか疑問ですが、パッケージの1966年2月購入という初代オーナーの書き込みを信用することにしましょう。なお、ホイールにも2タイプあります。
IMG_0768.jpgIMG_0778.jpgIMG_0780.jpg


posted by solido161 at 04:54| Comment(2) | TrackBack(0) | politoys | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはドアの開き方やディティールから判断するに、64、65年式の「600D」をモデル化したみたいですね。デザインや性能の見地から最もバランスが取れた600と言っていいと思います。
たしかにちとスマートすぎるような気もしますが、雰囲気はナイス。

オリジナルのスバルR2は絶対、このクルマにインスパイアされてる・・と思いますねー。
Posted by PPW306R at 2005年03月20日 01:12
スバルR2、似てる似てる! そういえば小3のときの女性担任が乗ってたなぁ。欧陽非非に似てたので今でもR2見ると反射的に「雨の御堂筋」のメロディーが浮かびます。って全然違う話ですみません。
Posted by ひろ@solido161 at 2005年03月25日 04:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。