2005年04月06日

キャデラック・エルドラド by ディンキー
dinky england 175 cadillac eldorado

IMG_0901.jpgIMG_0902.jpgIMG_0903.jpg
60年代後半からどんどんおもちゃ化していった英ディンキーへのネガティブ・イメージは、このキャデラックのような素晴らしいミニカーへの視線も遮っているような気がします。シールド・ヘッドライト、超ロング・ホイールベース、レザートップにメタリック・パープル、1968年型エルドラドのいかがわしさを微塵のためらいもなく再現した傑作です。ボンネットはダッシュボード下の突起を押すことにより開く仕組みになっています。他にメタリック・ブルーもありました。
IMG_0906.jpgIMG_0907.jpgIMG_0908.jpg
IMG_0904.jpgIMG_0905.jpgIMG_0909.jpg


posted by solido161 at 23:23| Comment(5) | TrackBack(0) | dinky england | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このモデルは個人的に思い出深いモデルです。

大昔、たしか三越百貨店玩具売り場ミニカーコーナーで親に買ってもらったのが、これの青いモデルなのです。
おおらかで威風堂々としたアメ車らしいスタイリングをシャープに再現していて子供心にものすごくお気に入りでした。
もちろん若気の至りで、その後は散々遊び倒してぼろぼろになってしまい、いつしか散逸してしまったのですが、なんとも懐かしく、大人になってからこちらの掲載モデルと同じ、紫色バージョンを再入手しました(実は、今でもやはり青いモデルが欲しいです)。ボンネット開閉用の棒が外れやすい持病が玉に瑕です。
タイアの取り付けが、ピアノ線の先に付いたポリキャップにキャストホイールを嵌め込む手法のため、子供の頃はタイアを脱着して遊んでいた(デパートの店員さんもそう説明していた)のですが、今持っているモデルは取り付けが固くて怖いので、試していません。
Posted by PPW306R at 2005年04月10日 09:02
こんばんは。

>タイアの取り付けが、ピアノ線の先に付いたポリキャップにキャストホイールを嵌め込む手法のため

そうだったんですか!? ぼくのはそうなっていないのでひょっとするとスピードホイール黎明期にありがちな改良前のバージョン違いでしょうか。

>三越百貨店玩具売り場ミニカーコーナーで親に買ってもらった

とっても甘美な響きですね。しかもデパートの店員さんまで登場してる。昔はミニカー売り場の担当さんがちゃんといたんですよね。くう〜、書いてるだけで涙です。しかもこのミニカーは親をも納得させる、どうせ買うなら豪華で堅牢なモノ感に満ちている。買ってもらったばかりのダイヤペットのセンチュリー、ドアがすぐ取れちゃって親が取替えにいったこと思い出しました。ダイヤペットってこのパターンがあと2回くらいあったような記憶があります。僕の幼少の頃はデパートにディンキーはすでにありませんでした。
Posted by ひろ@solido161 at 2005年04月11日 01:12
先ほど東京方面で強い地震があったようですが、大丈夫でしたか!?コレクターにとって、災害は恐怖そのものですね・・

タイアの取り付け方法を確認してみたら、モンテヴェルディ375Lやマーキュリー・クーガーなども同方式でした。ただメーカー自身は脱着アクションなんてことは想定していなかったのかもしれませんね。だってそうだったらインストラクションに明示するでしょうから。

昔のデパートのミニカー売り場はレジに近いガラスケースに陳列され、いかにも高級玩具のような趣で売られていました。また、この時の店員さん(確か男性でした)はいかにも得意そう?自慢げ?にキャデのアピールをしてくれたように記憶しています。

後年、そのガラスケースが一転してファミコンソフトのパッケージに占められたのを見た時、なんとも言いようのない寂しさを覚えました。
Posted by PPW306R at 2005年04月11日 07:47
追伸:
>ぼくのはそうなっていないのでひょっとするとスピードホイール黎明期にありがちな改良前のバージョン違いでしょうか。

この、ひろさんのモデルも取り付け方法は同じだと思うんですよね。ポリキャップ(と表現していいのか・・黒っぽい部品)がホイール裏にあり、そこに車軸のピアノ線が刺さっているのが僅かに見えると思うのですが・・小さい部品ですし、クリアランスもあまりないので、かなり見えづらいのですが。
Posted by PPW306R at 2005年04月12日 22:41
こんばんは。

ポリキャップ、ちゃんとありました! いやぁ、知らなかったです。きゅっぽんと、コレが脱着できるわけですね。試してみたいですがさすがにコワイです。再入手されたということで、やはりこのミニカーは普遍的な傑作なんですね。リアルタイムの想い出をお持ちなのがほんとに羨ましいです。プラスチックカバーをかぶせるたびにフェンダーにもろに干渉してチップが増えちゃうのが悩みのタネです。青はなかなか出てこないんですよね。

>後年、そのガラスケースが一転してファミコンソフトのパッケージに占められ

同感です。トミカは上に、ダイヤペットは下に、
いつまで見てるの?って顔の店員が横に。これがおもちゃ売り場です。

>先ほど東京方面で強い地震があったようですが、大丈夫でしたか!?

すぐに書き込んで頂いたようで、お気遣いに感謝です。幸いにして、ディスプレイするスペースも勇気もなく、その神経を他に使えんのかと嫁が呆れるほど整然とポリケースに保管しておりますので、無事です。CDが雪崩れ状態ですが。
Posted by ひろ@solido161 at 2005年04月13日 03:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。