2005年04月20日

アルファロメオ2600 by メーベトーイ
mebetoys a4 alfa romeo 2600

mebetoys_a4_01.jpgmebetoys_a4_02.jpgmebetoys_a4_03.jpgmebetoys_a4_04.jpg
メーベトーイの初期ラインナップ中、もっとも美しいモデルだと思います。品のよいベルリーナのフォルムを
これまたメーベの美しい塗装が存分にひきたてています。
メーベやポリの艶やかさを敬遠する向きにもこのミニカーは捨て置けない存在でしょう。
IMG_3396.jpgIMG_3411.jpgIMG_3405a.jpgIMG_3407.jpg
しっかりフレームがついたドアのプレスの薄さも特筆モノ。ただしこのフレームは後期バージョンでは
省略されてしまいます。
IMG_1025.jpgIMG_1020.jpgIMG_1021.jpgIMG_3399.JPG
しかしメーベには初期だけで終わってしまったオール紙製のパッケージをもう少し続けてほしかったな。
時が経てばメタル製のバンパーと共にポリトーイに対するアドバンテージになってたはず。
イライラするのよ、セロファンは。


posted by solido161 at 04:02| Comment(1) | TrackBack(0) | mebetoys | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはさしずめアルファ166のお兄さん、といったポジションの車ですね。ジュリア・スペルを拡大コピーにかけたもの、と言えないこともないんですが(実際、デビューは同年ですものね。但し、これより4年早くローンチされたベース車2000ベルリーナは、なんだかメルセデスのようないかつい感じがして、別の車みたいですよね)。

>しっかりフレームがついたドアのプレスの薄さも特筆モノ。

いやあ、ポイントはここですよね。サッシュレスドアになってしまいがちなミニカー(そしてあくまでも玩具という立場)において、稼働するドアにサッシを一体成型するのがえらい。しかも、以前のポリトーイの4ポルテみたく太くなってしまうのではなく、シャープネスを保っているのがえらい。チリ合いも抜群ですね。・・しかもウィンドウサッシも再現されてるぞ。すごい。

しかし、やはりこの頃のイタリー製上級セダンは繊細かつ優美で味わい深いですねえ。ランチア・フラミニアなんかも好きです。
Posted by PPW306R at 2005年04月27日 22:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。