2007年01月27日

TBS「華麗なる一族」のクルマ時代考証の誤謬

クルマ好きのみなさんなら、写真や映画に登場するクルマからそれが撮影された年代をだいたい特定できると思う。たとえば「くじらクラウン」や「だるまセリカ」が映っていたらそれは明らかに70年代以降に撮影されたものだとわかる。最近は「三丁目の夕日」をはじめ戦後日本をテーマにした映像作品が増えているが、クルマの時代考証については建造物の再現ほど注意は払われていない気がする。現存する個体が少ないために妥協せざるをえないという事情はあるだろうが。 

そこでキムタク主演で話題のTBS「華麗なる一族」のリメイク版だ。第一話をたまたま観ていたが、舞台として映し出された「昭和42年の神戸」にはスポンサーであるトヨタの協力もあって時代設定相応の国産車を登場させていた。タマ不足を現代のクルマをテストカーばりに架装して補っていたのはご愛嬌。しかし、外国車にははっきり落胆させられた。出てくるのはどれも1940年代後半(昭和21年〜)から1950年代初期のアメ車ばかり。それだけ観ているとまるで「GHQ占領下の日本」である。しかも主役である財閥の重鎮がそんな“20年落ちの外車”から降りてくるのだ。思わず「ありえねぇ!」と叫んでしまった。この第一話だけで制作費は6000万だそうだが、私にすればこの外車ですべてが台無しだ。

映像の刷り込みは強烈だ。キムタク主演だけに若い人たちもたくさん観ているだろう。昭和42年の神戸の街には国産車を押しのけてあんなに丸っこくてずんぐりした外車が走ってたんだーと勘違いする人がウン百万人。トヨタ2000GTはじめ国産の名車が続々と発表された「昭和42年」がかくして歪曲されてしまうのだ。戦後モータリゼーションと密接な関係にある鉄鋼財閥をモデルにした作品を題材にしながら、しかもトヨタがスポンサーでありながら、父ちゃん情けなくって涙でてくらいっ!



posted by solido161 at 23:35| Comment(3) | TrackBack(0) | extra | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、WILDMANさんの紹介で
いつも見させていただいております!
キムタクのあの番組の車輌にはボクも不満でした!
本当にあれじゃ占領下の日本に見えてしまいますよね!海外の映画などは、時代背景にそった車を
かならず用意していますが、日本では車の玉数の
問題もあるとは思うのですが、あまり無頓着すぎます!昨年やっていた某有名忠犬のドラマでは
時代からして絶対ありえない110系クラウン
の霊柩車が堂々と使われていましたし!
酷いものです!拘り派の監督さんの登場を願います!
Posted by 原 エモン(伊集院 光 もどき 改) at 2007年01月28日 23:03
お久し振りです、私もお二人の意見に全く同感でありまして、ドラマを見た翌日に不満の意見をTBSの掲示板に書き込みしてしまいました。
なぜキムタクのクラウンが3ナンバーなのか?(クラウンエイトじゃあるまいし)なぜドアミラーの車が走っているのか?(仮装車ですが)その他疑問だらけの時代考証にうんざりでした。
車は一番時代背景を感じさせるのに、手抜きなのか無知なのか楽しみにしていただけに本当に落胆しましたね。アイビールックの若者に各メーカー自慢のスポーツカー、カローラやサニー等のファミリーカーも出揃っていたあの時代に、なぜあんな時代考証無視の車輌を登場させたのか全くわけが分りませんね。それでもあの時代を知らない皆さんは騙されて凄いドラマだと満足しているようですが・・・
Posted by Wildman at 2007年01月30日 18:35
原 エモンさま(はじめまして)、Wildmanさま、ご賛同ありがとうございます。お返事しようと思っていたら2月の早いこと・・・ゴメンナサイ。
ネット検索してみましたが、あの神戸の街のセットにはかなりの方が古すぎるとツッコミ入れてますね。つまり、昭和は遠くになりにけり、そういうことなんでしょう。TBSのスタッフはNHKアーカイヴス観たほうがいいね。とにかくDVDなんかにせずに封印してほしいドラマです。
Posted by ぴろ@solido161 at 2007年03月05日 04:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。