2005年05月02日

アルファロメオ・ジュリアSS by ペニー
penny 0/26 alfa romeo giulia ss

IMG_1082.jpgIMG_1083.jpgIMG_1084.jpg
正直言って自分としてもポリトーイM/ペニーを過大評価してるかなと思いますが、このモデルを見てしまうとそれも致し方ないというか、小スケールミニカーでこれを超える作品は今後も出てこないでしょう。中島登氏の「ミニカーコレクション」(二見書房刊)でカーキャリア荷台に無造作に並べられたペニーの一群を見て「これは!」と思ったのが最初で、実際に見つけたときは、まさに後光が射してましたね。あれを境にトミカの扱いが確実に荒くなりました。
IMG_1085.jpgIMG_1086.jpgIMG_1087.jpg
手持ちのコレクションをあさったところ、このモデルにも画像のようにジュエル・ヘッドライト省略タイプがありました。前回のルッソのときに推理したとおり、これもやはり後期のディスプレイ型パッケージのみで販売されたようです。色違いは他にあるのだろうか。なにげにシルバーとかあったりして。
IMG_1089.jpgIMG_1090.jpgIMG_1088.jpg
IMG_1093.jpgIMG_1092.jpgIMG_1091.jpg


posted by solido161 at 02:17| Comment(1) | TrackBack(0) | politoys | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

以前ルッソやカングーロをご紹介いただき、それも小スケールとは思えない表現力で感心したのですが、とくにこのモデルはすごいですね。SSは独特のスタイリングで、うまくデフォルメしないと似て非なるものになる可能性が高いと思います。このモデルもウェストラインのうねりがややオーバーですが、その演出のさじ加減が微妙にバランスして「SSらしさ」を体現し、また全体としての纏まりもよい傑作だと思います。開閉アクションが付いたドアの収まりの良さ、フロントフェンダーに刻印されたレタリングなどもすばらしい。
Posted by PPW306R at 2005年05月27日 20:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。