2005年06月12日

トライアンフ T110 サイドカー by マッチボックス
matchbox 4c triumph motorcycle and sidecar

IMG_1481.jpgIMG_1488.jpgIMG_1489.jpg
底板にT110との刻印がありますので、1954年に発表されたT110"タイガー"であることがわかります。このトライアンフ製649ccエンジンを搭載した速度記録車が翌年米ソルトレイクシティのボンネヴィルで非公認ながら時速310キロを記録しますが、タイガー110の発展型であるT120"ボンネヴィル"の名はこれにちなんだものです(ミニチャンプスの1/12は素晴らしいですね)。さらに余談ですが、トライアンフに先んじること数年、すでにポンティアックにボンネヴィルの名を冠していたGMは90年代までトライアンフにイチャモンをつけていたそうです。かつてサンダーバードの商標をめぐってトライアンフがフォードからしっかり使用許諾金を巻き上げた歴史があるからでしょうか。さてミニカーの方は……何なのでしょうかコレは。思わず子供から巻き上げた大人がこれをきっかけにコレクターになってしまった、欧米にはそんなパターンが多いのではないかと勝手に思っています。これとハーレーとランブレッタ、なぜかすべてサイドカー付きですがオールド・マッチボックスのバイク3部作として語り継いでいきたい逸品です。
IMG_1482.jpgIMG_1486.jpgIMG_1487.jpg


posted by solido161 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | matchbox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。