2007年08月11日

リンカーン・コンチネンタル by テクノ
tekno 829 lincoln continental

IMG_2548.jpgIMG_2549.jpgIMG_2550.jpg
IMG_2551.jpgIMG_2547.jpgIMG_2555.jpg
テクノの名作、1963年型リンカーン・コンチネンタルです。当時のテクノの広告にはケネディ大統領車とあるのですが、果たしてこれが暗殺後に発売されたものか、それ以前なのかは定かではありません。テクノですからそんなきわどい商売はしないと思いますが。
IMG_2542.jpgIMG_2545.jpgIMG_2544.jpg
IMG_2543.jpgIMG_2546.jpgIMG_2556.jpg
実際に手にするといまどきの1/43ミニカーの3台分はあろうかという重量感はまさにテクノ。サスペンションの剛性も良く、製造から40年以上経っても重いボディにへたることなく絶妙のロードクリアランスをキープ。デカールで美しく再現されたエンブレム、蛍光色のテールランプ、ホワイトリボン付きのタイヤなど、お馴染みのアクセントもぴりっと効いてます。
IMG_2553.jpgIMG_2563.jpgIMG_2554.jpg
IMG_2552.jpgIMG_2562.jpgIMG_2566.jpg
よく調べてはいませんが、エンジンがダイキャスト製の別パーツとしてマウントされたミニカーはひょっとしてこのモデルが最初でしょうか? コレクターの間では「赤エンジン」として知られる大盛屋チェリカ・フェニックスのセドリック、グロリア、クラウンの極初期モデルも同様の作りですが、大盛屋が参考にしたミニカーはおそらくこのテクノ製リンカーンでしょう。大盛屋がすぐにボディと一体のモールドに省略してしまったのはアンチモニーがこのような小さなパーツに向かなかったためと推察されます。ともあれ、このエンジン、彫りも彩色も見事、まさに「テクノの仕事」。
IMG_2568.jpgIMG_2558.jpgIMG_2561.jpg


posted by solido161 at 15:18| Comment(5) | TrackBack(1) | tekno | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、いつもこっそり楽しく拝見させていただいております。
私もこのミニカーの重さには、衝撃を受けた一人です。
手に持った瞬間、「うわ、コレ足に落っことしたらケガするぞ」と思うほどですが、
そこがこの車種に似合ってるんですよねー。
ズッシリ感と大きさで、我が家のミニカーケースでも存在感があり、好きなモデルです。

昔、購入したテクノのプライスガイドみたいな本では、カラーバリエーションに
ついての解説があまりなく、乗用車については、「各種カラー」などとスッキリ
まとめられているので、いくつバリエーションがあるのか分かりませんでした。
リンカーンも何色とか書かれてなかった気がします。ひろさんのコレクションを
拝見すると5種類でしょうか。大変勉強になります。

うちのは、はずせないブラックとお豆腐みたいなホワイトですが、チョコミントも
おいしそう(?)ですね。
Posted by ヨウ at 2007年08月12日 02:43
ヨウさま
はじめまして。気まぐれな更新ですが今後ともよろしくお願いします。

少しでも遠心力を与えようものなら箱からズドーンですからねこのミニカーは。実はこれでケースのガラスを割ったことがあります。シロウトはケガするぜって感じでしょうか。

主なカラーバリエーションとしては他にエンジ色と水色があります。2トーンと単色の別まで含めると最低でも10種はあると思います。
Posted by ぴろ@solido161 at 2007年08月12日 23:32
バリエーションについてご教授いただき、ありがとうございます。
10種以上ですか、うーん、10台ずらっと並べられたら、さぞかし
壮観だと思います。出来ても10年はかかるかも。
確かに紙箱じゃダメだろ、って重量ですよね。ケースを割れるとは、
恐るべし。とはいえ、プラスチックのケースでは味気ないですし。
Posted by ヨウ at 2007年08月14日 02:43
こんにちは?
初めまして。
このHP初めて拝見しましたが素晴らしいです。
僕は車が好きでミニカーも沢山所有しています。
今はトミカのみですが今後他のメーカーのも集めたいと思っています。
特にアメ車が好きなのでコレクションしていきます。
余談ですがリンカーンは四年前ヘンリーフォードミュージアムで見てきました。
かなり感動しました。
Posted by USA at 2008年03月29日 10:57
USA様

はじめまして。今さらのお返事でごめんなさい。
僕も最初はトミカでしたよ。もう作られてませんが外国車シリーズ(青箱)には70年代アメ車モデルの傑作がかなりありますよね。米国のコレクターにも非常に人気が高いです。青箱の再販は国内でも需要あると思うのでトミカ・リミテッドで化粧直しはあるかもしれませんね。いっそのことヴィンテージで外国車シリーズ展開してくれたら嬉しいのですが。
ヘンリーフォードミュージアム、羨ましいですね。その手は池袋のトヨタアムラックスしか行ったことないかも。
Posted by ぴろ@solido161 at 2008年06月02日 06:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Excerpt: ・ダイヤペット 1/43 リンカーンコンチネンタル・カスタムスペシャル 神宮寺宮型四方破風大龍造り・リンカーン・コンチネンタル by テクノtekno 829 lincoln continental・..
Weblog: リンカーンを...
Tracked: 2007-09-05 13:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。