2007年08月20日

フォード・カントリー・スクワイア by ヒューブレー リアル・トイ
hubley real toy 427 ford country squire

IMG_2596.JPGIMG_2598.JPGIMG_2597.JPG
19世紀創業の米国玩具メーカーの草分け、ヒューブレー(ハブレー)が60年代前半にひっそりと生産していた小スケール・ライン、「リアル・トイ」の1台。ハスキーがスタートした64年にはすでに生産が終了していたようだから、マッチボックスの対抗馬としてはモアストーン/エッソの次に古いブランドということになる。スケールは少々大ぶりながら、出来は同時期のマッチと比較しても決してひけを取らないと思うし、また窓つきというのはおそらくこのスケールでは初なのではなかろうか。注目は付属のデカールで、とてもクリーニング屋の宣伝とは思えないホットロッドなデザインがまさにアーリー60sのUSA。これ貼ったらずいぶんとイメージ変わるだろうな。
IMG_2599.JPGIMG_2600.JPGIMG_2602.JPG
リアル・トイには他にもコルベット(C1の4灯)、コルベア、スチュードベーカー・ホークなどミニカーとしては珍しいものが多いのだが、GMファイアバードVまでモデル化していることはかなりのコレクターでもご存知ないと思う。もちろん、僕も見たことありません。
IMG_2595.JPGIMG_2604.JPG



posted by solido161 at 01:36| Comment(2) | TrackBack(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハブレーとは渋いところをついて来ましたね。
(ヒューブレーという呼び方が懐かしい!)
私のフォードはデカール貼り付け済みの状態だったのでまさにホットロッドです。ファイアバード
IIIは20年前のワンダーランドと1年位前のヤフオクで2回ものチャンスがありながら取り逃がしてしまった大物です・・・欲しいです。
Posted by Wildman at 2007年08月20日 22:14
やはり、お探しでしたか。実は僕がコレクションを本格的に再開したきっかけのひとつがこのリアル・トイなんです。アメリカ人ディーラーから送られてきたリストにたまたまこのシリーズの数台が載っていて、しかもすべて1/64と書かれていたのでおいおいこんなの知らんぞと前のめりになってしまったわけですが、そうですか、ヤフオクにも出てくることがあるんですね!
Posted by ぴろ@solido161 at 2007年09月02日 01:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。