2005年10月16日

リンカーン・コンチネンタル・リムジン by コーギー
corgi 262 lincoln continental "lehmann-peterson" limousine

IMG_1760.jpgIMG_1762.jpgIMG_1763.jpg
多機能カーナビが普及し今や車載テレビなんて珍しくもなんともない時代ですが、かつてはこのようなクルマにしか望めない夢のオプションでした。リンカーンのコーチビルダーであるレマン/ピーターソンのチームが1967年に製作したコンチネンタル・リムジンです。少年のイマジネーションに忠実なことでは他の追随を許さないコーギーはこのミニカーでも最高の仕事をしています。ホワイトハウスを描いたパッケージ、レザートップ、ベルベットの内装、スーサイドドアも再現したフルアクション、そしてとっておきのギミックである車載テレビ。雰囲気満点、今にもジョンソン大統領が降りてきそうです。実車はどうだったか定かではないですが、ボディカラーを黒にしなかったのはコーギーの英断(まさに!)と言えましょう。
IMG_1764.jpgIMG_1767.jpgIMG_1766.jpg
IMG_1765.jpgIMG_1768.jpgIMG_1770.jpg
車載テレビは、底版にマウントされたバッテリーボックスに単4電池を入れ、好みのフィルムを底版からインサート、スイッチレバーでライトオンという単純な構造で、つまりテレビといっても静止画像ですが今でも充分に感動的なギミックです。
IMG_1776.jpgIMG_1778.jpgIMG_1779.jpg
最初からインサートされているのがボクシングの試合でこれはさしずめカシアス・クレイと誰かの一戦といったところでしょうか。残りのフィルムはディスプレイ台座に留められており、これをハサミでカットしてインサートするようになっています。比較的数の少ないターコイズのバージョンではバッテリーボックスが改良され、ライトオンもスムースになりました。
IMG_1774.jpgIMG_1775.jpgIMG_1777.jpg


posted by solido161 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | corgi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。