この記事へのコメント
更新お疲れさまです。新着記事、嬉しいです。
PMAよりPolitoysですよね!ドライブシャフトがぼっきり折れてるのが
多くて、泣けますけど。ソリッドブルーも見かけない気がしますが、
さらにMcGregor版まで拝見できて感動です。いつもながらスゴイですね!
Posted by ヨウ at 2008年06月01日 22:05
お久しぶりです。ブルー系のバリエーションも凄いですが、もっと凄いマルーンのはマグレガー版ですか!!初見です、良いものを見させて頂きました。
Posted by Wildman at 2008年06月01日 23:37
ヨウ様、Wildman様、

ご無沙汰しておりました。
手抜きエントリーにもかからわず早速コメント頂き恐縮です。実はテキスト代わりに当てにしてたりしますので今後ともよろしくお願いしますってそれは調子良すぎるか(^^; )
マグレガー版はたしかに珍しいですが、メキシコではいつ頃販売されていたのかまったく不明なんですよね。意外に70年代中期だったりするのかも。


Posted by ぴろ@solido161 at 2008年06月02日 07:10
これだけの画像を用意されるのは大変ですよね。
スーパーカーファンなら、性能を証明する「主要諸元」は大事ですね。
350と3500のパッケージはどっちが先というのは、あるのでしょうか。
McGregor版のフロントマスクや裏側も、本家と違いがあるのか、気に
なってしまいます。
Posted by ヨウ at 2008年06月02日 22:53
ヨウ様

スペックはなぜか公式発表のものより高性能になってるんですよ。それとポリがミニカー作った頃はすでに400GTが発表されているのに何故に350なのかというのも疑問。パッケージの中途半端な車名表記も含めて謎が多いですね。排気量そのままってことで3500箱の方が古いロットのような気がしますが。
マグレガー版はインテリアのモールド(ほんのわずかな差異ですが)とリアのライセンス・シールが本家版と異なる以外は特に違いはないようです。
Posted by ぴろ@solido161 at 2008年06月03日 06:32
ご回答をいただき、ありがとうございます。
いろいろ質問してしまって、すみません。
なるほど・・・しかし、ナゾが多いですね。

350GTなのは、初の量産車ということに、拘ったとか・・・
でしょうか。たしかに表記が中途半端で、気になります。
あのスペック表にも、そんな秘密があったのですか!
自国製だけに、10psぐらいオマケだぁ、という気分だったのかも。

また、マグレガー版について、解説をありがとうございます。
ひょっとしたら、本家よりプレーンな裏板で、あのドライブ
シャフトは省略されてたりするのかも、と思っていましたが、
手抜きはないのですね。

ポリトーイはメタ系のカラーの方がキレイだと思いますが、
マルーンは、なぜかココロひかれます。
Posted by ヨウ at 2008年06月04日 01:50
こんにちは いつも楽しみに見ております、ポリトーイのランボルギーニ350ですが 私はアイボリーを持っております、都内のミニカーショップで譲っていただいたものです
Posted by at 2008年06月11日 08:44
はじめまして。アイボリーですか! マセラティ・セブリングに同色があるというのは聞いてましたがランボ350にもあったんですね。うーん拝んでみたい!
Posted by ぴろ@solido161 at 2008年06月11日 22:19
大晦日にこっそりクリーム・イエローを追加。ムスタング・ベルトーネとフィアット1500ギアに使われた色と同じだと思われ。名無しさんのおっしゃるアイボリーはこれなのか??
Posted by ぴろ@solido161 at 2008年12月31日 03:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ランボルギーニ 350GT クーペ 1965
Excerpt: ランボルギーニ 350GT クーペ 1965 ( Lamborghini 350 GT Coupe 1965 ) 1970年代の「スーパーカー」のブームで一世を風靡した、イタリアを代表する自動車メーカ..
Weblog: CAR DE SiGN
Tracked: 2015-05-13 21:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。