この記事へのコメント
なんと連続更新ですか!ゴールドはレアカラーですね。
1500カルマン・ギアは、あとダイキャストのSikuと他は何があるのでしょう。
1/43だと、コレはやはりCorgiが決定版ですか。
エンジンは、もしDinkyだったら、とにかくグリーンにされてそうです。
スペアタイヤのマウントのされ方も、見所ですね。
・・・持ってないけど、ほしくなりました(←持ってないのかよ!)。
Posted by ヨウ at 2008年06月02日 22:41
こんばんは、ハイペースでの更新になって嬉しい限りです。コーギーの佳作カルマン・ギアは絶版ミニカーコレクションを始めた初期の頃に入手したモデルなので思い出深いです。バッグが欠品だった事を知ったのは数年後の事でしたが・・・
ゴールドは結構レアですよね?
Posted by Wildman at 2008年06月02日 22:55
ヨウ様
この勢いがいつまで続くかちょっとアレですが・・・。おっしゃるとおり、タイプ34はあとはシクだけだったと思います。
>スペアタイヤのマウントのされ方も、見所ですね。
ボディ下から覗くスペアタイヤでボンネットを押し上げるというのが正式な?遊び方だったはずです。エンジンカバーにクリアパーツを使うところもニクいです。

Wildman様なら実車をよくご存知かと思うのですが、スペアタイヤをこのようにマウントできるようには、まさかなってませんよね。縁石に乗り上げたら大変なことになりそうだし。
欠品と言えば思い出しました。仏ディンキーのシムカ・ブレークのテーブル! まさかあんな見事に積まれている(つうか"擬態"ですよアレは)とはつゆ知らず、買った店(アド)に電話で「テーブルがついてないよ」とクレームを入れたら「あー、やられちゃったかもしれないな。どーもすいません。よろしかったらその分返金します」という店長さんのお返事で後日1000円だったか戻してもらったんですが、自分の目が節穴だったことに気付くまでそれから半年くらいかかりました。あの時アドに現物持って乗り込んでいたらどんな赤っ恥が待っていたか思うと今でも肝を冷やします。アドさんゴメン。
Posted by ぴろ@solido161 at 2008年06月03日 07:30
透明なエンジンカバー、見せ方が素敵です。
スペアタイヤのマウント方式について解説ありがとうございます。
そういう遊び方のためでしたか。トランクスペースがギッチリ
埋まってるのが、素晴らしいです。ダイヤペットのフィアット850
とかスカスカだもんなぁ。

とはいえ、おっしゃられる通り、実車がアレだと、通常の走行でも
支障をきたしそうな気がしますね。

欠品と言えば、私は、Mercuryのマセラティ3500GTですね。
聞かれてもいないのに、すみません。手持ちのヤツには、何にも
ついて来ませんでしたから、こちらのサイトで拝見して、
付属アクセサリーの点数に、びっくりしました。
Posted by ヨウ at 2008年06月04日 01:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。