2013年02月10日

若大将とルリ子とトヨタ2000GT 〜「狙撃」 昭和43年・東宝

加山雄三がクールなスナイパー松下徹に扮し、おめでたい若大将イメージからの脱却を期した東宝ハードボイルド。モーゼル、ホークアイ、国本圭一などガンマニアには堪えられないキーワードで語り草なんだそうですが、我々カーキチにも鼻血ブーなネタが全編に大フィーチャーなのです。
オープニングで早くも一仕事終えた若大将がおもむろにリアハッチを開けるペガサスホワイトのそのクルマは、紛うかたなきトヨタ2000GT前期型。しかも昨日納車されたばかりみたいなビカビカの新車。純正マグネシウムホイールも鈍く光っております。次の射撃練習場のシーンでは、日活から客演の浅丘ルリ子=章子が松下の放つ危険な香りに誘われていきなり2座満席。かつての清純派から不敵で奔放なオンナに変身中のルリ子もイカしてます。
物語の中盤、上空のヘリから狙撃された2000GTが大クラッシュ、世紀の名車をこんなにしやがって東宝は正気か、2000GTもこれで見納めとガッカリした次の瞬間・・・・・・それは観てのお楽しみ。
イタリーのミウラに『個人教授』があるように、日本の2000GTにもこんな映画があったのだ。『007は二度死ぬ』(昭和42年)や同じ東宝の『ヘアピン・サーカス』(昭和47年)で不完全燃焼だったカーキチもこれなら昇天間違いなし。


posted by solido161 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | extra | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

「日本×パラグアイ」平均視聴率57.3%、TBS歴代平均視聴率No.1の件

1972年に放送された俳優・石坂浩二主演ドラマ『ありがとう』で記録した56.3%を抜き、同局歴代視聴率No.1となった
・・・・・・・・石坂浩二が俳優なのは知ってるが、主演だったとはなぁ(笑)
石井ふく子が橋田壽賀子と似て非なるものだということや、「九」が「いちじく」なら「十」はどう読むかなんてことは、まあ知らなくていい。ただ、メディアでテキストを書いて報酬をもらっているなら、ドラマ『ありがとう』の持つ記号性くらいは隣のロートルか窓際課長あたりにでも聞いておくべきだった。ヤフーはいつの間にか修正してたけどな。こういうミスを無くすためにも番組のソフト化を強く望む今日この頃である。というわけでTBSさんお願いします。

あ、ミニカーそろそろやりますんで。

posted by solido161 at 02:01| Comment(1) | TrackBack(0) | extra | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

絶版ミニカーの手入れと保存

絶版ミニカーの手入れと保存、同好のみなさんはどうされてますでしょうか。

手入れについてはかつて中島登氏(ご冥福をお祈りします)が何かに寄稿されていたものが印象に残っておりまして、氏によればいろいろ試した結果ラジコン用のLPS潤滑剤なるものがミニカーにも最適とのお話でした。塗装の保護はもちろん、ダイキャストやラバータイヤの劣化まで防ぐとあって、速攻で模型屋に駆け込み2本購入。ただその後のレポートや評判を目にする機会がなく、その効果に今ひとつ確信が持てなかったヘタレの僕は一台だけ試して結局LPSを封印してしまいました。

最近はモデリング・ワックスが主流になっているようですが、あれはあくまでも新品ディスプレイ・モデルに使うものであって、絶版ミニカーの場合は艶出し以前に汚れやサビ落としが必要なのです。僕はこの大事な儀式にここ10年くらい「クレポリメイト」を利用しています。使う前に「亜鉛合金(ミニカーって言えない)に使っても悪影響はないだろうな」とメーカーに問い合わせたところ「ウチのはそういったことでクレームを頂戴したことはございません」との頼りない言質が取れたのでそれを信じて使ってますが、幸いにしてこれを使ったことで劣化が進行したミニカーは今のところ皆無。

まず綿棒にちょこっと浸して、ボディの凹部、インテリア、ジュエル・ライト、ホイールや車軸の汚れやサビをを落とす。デカールの黄ばみもあっさり落ちます。傷ではないゴミのようなものが塗装面に根強く付着してる場合がありますが、これには意外に消しゴムが役立ちます。汚れが混入した綿棒を使い続けると却ってボディを傷つけるので、綿棒は贅沢に使います。ゴムタイヤは取り外してポリメイトを浸したティッシュで汚れ落とし。ここまでの作業だけでもかなり見違えます。汚れ箇所が落ち着いたら、全体の保護艶出しのために新たに浸した綿棒でボディ全体を隈なく撫でる。このときあまり力を入れると塗装面にスジが付いてしまうので注意。最後に乾いた綿棒で水分を拭き取りますが、ここで面倒になってティッシュを用いるとこれまた擦過傷を生じる危険があります。念のため1日乾かしてフィニッシュです。

保存方法、僕の場合は飾るスペースがないのでミニカーをどのようにパッケージにしまっておくかが問題なのですが、緩衝材・保護材としてNGなのはティッシュ、ビニール袋です。共に塗装面に反応して、ティッシュはケバケバが残り、ビニールは付着痕が斑のように残ります。気の利いたショップでは絶版ミニカー本体をビニールに入れてくれますが、一時的には問題ないもののそのまま放置しておくととんでもないことになります。本当は何もせずにそのままパッケージに入れておくのがベストなのですが、やはり箱擦れが怖いですからね。僕はとりあえず衣服包装用の薄紙を使っています。服を買うと店で包んでくれるアレです。和紙っぽいケバケバのやつとパラフィン系の滑らかなやつがありますが、適しているのは後者です。これを適当な大きさに切り、一度まるめてしわくちゃにしてからミニカーを包みます。こうすることで隙間をつくり密着を防ぐわけです。今のところ問題は起きていません。

さて、パッケージの保護ですが、絶版モノは大きさがまちまちですのでさすがにこれはやっておりません。ただしポリトーイやメーベに見られる窓つきパッケージはセロファン保護のために内側から厚紙を当てています。その厚紙にバリエーションの記載などもしておくと整理がしやすいです。
 
というわけで、みなさん独自のお手入れ・保存方法など参考にさせて頂きたく、コメントよろしくお願い致します。
posted by solido161 at 19:43| Comment(11) | TrackBack(0) | extra | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

TBS「華麗なる一族」のクルマ時代考証の誤謬

クルマ好きのみなさんなら、写真や映画に登場するクルマからそれが撮影された年代をだいたい特定できると思う。たとえば「くじらクラウン」や「だるまセリカ」が映っていたらそれは明らかに70年代以降に撮影されたものだとわかる。最近は「三丁目の夕日」をはじめ戦後日本をテーマにした映像作品が増えているが、クルマの時代考証については建造物の再現ほど注意は払われていない気がする。現存する個体が少ないために妥協せざるをえないという事情はあるだろうが。 

そこでキムタク主演で話題のTBS「華麗なる一族」のリメイク版だ。第一話をたまたま観ていたが、舞台として映し出された「昭和42年の神戸」にはスポンサーであるトヨタの協力もあって時代設定相応の国産車を登場させていた。タマ不足を現代のクルマをテストカーばりに架装して補っていたのはご愛嬌。しかし、外国車にははっきり落胆させられた。出てくるのはどれも1940年代後半(昭和21年〜)から1950年代初期のアメ車ばかり。それだけ観ているとまるで「GHQ占領下の日本」である。しかも主役である財閥の重鎮がそんな“20年落ちの外車”から降りてくるのだ。思わず「ありえねぇ!」と叫んでしまった。この第一話だけで制作費は6000万だそうだが、私にすればこの外車ですべてが台無しだ。

映像の刷り込みは強烈だ。キムタク主演だけに若い人たちもたくさん観ているだろう。昭和42年の神戸の街には国産車を押しのけてあんなに丸っこくてずんぐりした外車が走ってたんだーと勘違いする人がウン百万人。トヨタ2000GTはじめ国産の名車が続々と発表された「昭和42年」がかくして歪曲されてしまうのだ。戦後モータリゼーションと密接な関係にある鉄鋼財閥をモデルにした作品を題材にしながら、しかもトヨタがスポンサーでありながら、父ちゃん情けなくって涙でてくらいっ!

posted by solido161 at 23:35| Comment(3) | TrackBack(0) | extra | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

マッチボックスとディンキーの工場
matchbox cars and dinky cars factory

まさに感涙のフレッシュ・フロム・ザ・ファクトリー。英国の有名なニュース・フィルム製作会社British Patheのサイトで見つけました。1965年4月製作。
Patheでピンときて検索したところ、こちらもありました! 1967年4月製作。
それにしてもこのサイトはかなりキてます。モーターショウやレース関連の映像がいっぱいです。
1967年トリノ・モーターショウ(ディノ・コンペティオーネ!)
1967年ル・マン
これだけの一級のアーカイヴスを低画質版なら無償提供してるのがすごいです。YouTubeに飽き足らない人にはオススメ。
posted by solido161 at 01:37| Comment(2) | TrackBack(0) | extra | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。