2015年11月09日

ブラバム BT45C by グリップ・テクニカ
eidai grip technica 57 brabham bt45c

IMG_3432.JPGIMG_3445.JPGIMG_3444.JPGIMG_3434.JPG
エーダイグリップ・テクニカのブラバムは1/43スケールのBT45Bがお馴染みですが、1/20スケールでBT45Cも作っていました。国内では未発売あるいは出荷されなかったとの説もあり、現物を目にする機会が稀なミニカーです。
念のためミニチュアカー誌のバックナンバーを確認したところ、'79年6月号の広告で製品化が予告されたきりで、その後は写真の掲載はおろか発売を確認できる記事も発見できませんでした。
'79年なかばといえばトミカもダイヤペットもぐっとスマートなボディになったBT46を既に製品化していて、実車F1の世界でブラバムはBT48や49を投入している頃。巨大な冷却ファンで話題をさらった'78年のBT46Bならまだしも、エーダイが選択したのはよりによって45から46への"つなぎ"のモデル。ブラバムを2種も作っておきながらなんという間の悪さ。カーナンバー1ということはニキ・ラウダ乗車なのにパッケージにその記載はなし。
'80年には倒産してしまうエーダイ末期の混乱と不運を窺わせる一台と言えます。
IMG_3442.JPGIMG_3441.JPGIMG_3438.JPGIMG_3440.JPG
スーパーカーもF1もブームが去った'79年、ミニカーに見切りをつけたエーダイはNゲージの鉄道模型に手を出し、それが倒産の原因になったと聞いたことがあります。おそらく、'78年ブラバム期待のニュー・マシンとしての話題性で早期に製品化が企画されていたものの、事業転換の影響で製作が遅延、実車は次々とヴァージョン・アップを重ねるなか、エーダイとしては金型を修正する予算もなかったというのが真相ではないかと推理します。
IMG_3433.JPGIMG_3443.JPGIMG_3439.JPGIMG_3436.JPG


posted by solido161 at 05:05| Comment(1) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

トヨタ2000GT by ロンスター・フライヤーズ
lone star flyers 13 toyota 2000gt

トヨタが沈むと日本が沈む。がんばれトヨタ。というわけでロンスター・フライヤーズの2000GT。
IMG_3291.JPGIMG_3303.JPGIMG_3292.JPG
この妙な違和感、いや独創性はどうだ。いまどきのCAD起こしの小スケール2000GTには
決して喚起できないサムシングがこいつにはある。ぱっと見は大味だけど、よく見るとハイ・
ディテール。特にリアエンドの「つば」の再現は見事だ。個人的にこの「つば」こそは2000GT
のデザイン上の肝だと常々思っているのだが、本国のトミカでさえ見落としていたこの美点を
しっかりおさえていたロンスターは偉い。よくやった。
IMG_3297.JPGIMG_3305.JPGIMG_3295.JPG
IMG_3294.JPGIMG_3304.JPGIMG_3296.JPG
ホワイト・カラーのモデルはギフトセットでのみ販売され、これはこれで珍しいのだが、もっと
レアなのが"Silver Flyers"として販売されたメッキ・カラーのやつで、これはめったにお目に
かかれない。なお、今回撮影してたらシャシーにバリエーションがあることがわかったので
念のため載せてみました。ほとんど間違い探しのレベルです。
IMG_3298.JPGIMG_3302.JPGIMG_3301.JPG
posted by solido161 at 23:57| Comment(3) | TrackBack(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

ポンティアックGTO by ブービー
buby 1016 pontiac gto hardtop coupe

特徴をつかんでいるような、いないような・・・
IMG_2756.JPGIMG_2753.JPGIMG_2757.JPG
IMG_2761.JPGIMG_2758.JPGIMG_2760.JPG
posted by solido161 at 03:36| Comment(2) | TrackBack(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

フォード・カントリー・スクワイア by ヒューブレー リアル・トイ
hubley real toy 427 ford country squire

IMG_2596.JPGIMG_2598.JPGIMG_2597.JPG
19世紀創業の米国玩具メーカーの草分け、ヒューブレー(ハブレー)が60年代前半にひっそりと生産していた小スケール・ライン、「リアル・トイ」の1台。ハスキーがスタートした64年にはすでに生産が終了していたようだから、マッチボックスの対抗馬としてはモアストーン/エッソの次に古いブランドということになる。スケールは少々大ぶりながら、出来は同時期のマッチと比較しても決してひけを取らないと思うし、また窓つきというのはおそらくこのスケールでは初なのではなかろうか。注目は付属のデカールで、とてもクリーニング屋の宣伝とは思えないホットロッドなデザインがまさにアーリー60sのUSA。これ貼ったらずいぶんとイメージ変わるだろうな。
IMG_2599.JPGIMG_2600.JPGIMG_2602.JPG
リアル・トイには他にもコルベット(C1の4灯)、コルベア、スチュードベーカー・ホークなどミニカーとしては珍しいものが多いのだが、GMファイアバードVまでモデル化していることはかなりのコレクターでもご存知ないと思う。もちろん、僕も見たことありません。
IMG_2595.JPGIMG_2604.JPG

posted by solido161 at 01:36| Comment(2) | TrackBack(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

フェニックス・バン by メルクリン
märklin 8017 phoenix-kastenwagen

IMG_2527.jpgIMG_2524.jpgIMG_2526.jpg
メルクリン8000番台といえば戦後第一世代ミニカーの最高峰ですね。ストイックなドイツ職人気質ここにありって感じの贅肉を削ぎ落としたシャープな成型がたまらなく魅力的です。このモデルはパッケージでも底板でも単に「フェニックス(バン)」と謳っているだけで、ベースになっている車両がよくわかりません。戦後、米ファイアストーン社と提携したフェニックス社のバンであることはわかるのですが、商用というよりもサーキットのバックヤードが似合いそうな佇まいですし、ということはメルセデスあたりかなとフロントを見るとやっぱり違うし、それじゃフェニックス社特注のオリジナル・バン? これだけカッコイイのにミニチャンプスやシュコーから未だに出ないということはひょっとして架空の産物? お詳しい方いらっしゃいましたらぜひご教授願います。
IMG_2538.jpgIMG_2525.jpgIMG_2539.jpg
フロント上方のサイン「ハンブルク・ハルブルク」はフェニックス社の本拠地を示しています。開くと片扉にメーカーロゴが丸ごと残る荷室の開閉アクションとリアがしっかりダブル・タイヤなのも素敵じゃないか。
IMG_2530.jpgIMG_2528.jpgIMG_2531.jpg

posted by solido161 at 00:29| Comment(5) | TrackBack(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

フォード・ムスタング by ロンスター・フライヤーズ
lone star flyers 39 ford mustang

IMG_2257.jpgIMG_2260.jpgIMG_2261.jpg
私の知る限り、史上最も速く、かつ航続距離の長いミニカーです。こどもの時分はナントカ刑事の駆る愛車として家の廊下をびゅんびゅん走らせたものです。独特のサスペンション機構に超薄トレッドのタイヤ。ロンスター・フライヤーズは技術的にはスピードホイールの頂点を極めたと言ってよい、本当によく走るミニカーでした。ラインナップはインピー時代の金型を流用しアクションを省略した前期モデル群と、まったくの新金型を揃えた後期モデル群に分けられますが、このムスタングは後者で、出来もすこぶる良いです。後期モデル群はトヨタ2000GTはじめ日本ではお祭りの露店などで一時期やたら目にした記憶がありますが、世界的には流通量が少なかったようで、海外では今はほとんど市場に出てきません。なお、品番7のヴォクスホール・フィレンツァは希少モデルとされオークションでは驚くような金額で落札されています。
IMG_2258.jpgIMG_2259.jpgIMG_2262.jpg
posted by solido161 at 02:13| Comment(1) | TrackBack(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

ストラトスHFベルトーネ(ストラトス・ゼロ) by オート・ピレン
auto pilen m509 stratos hf bertone (stratos zero)

IMG_2230.jpgIMG_2231.jpgIMG_2232.jpg
オリジナルかメーベのコピーかで話題になりましたので、遅まきながらピレン版ストラトス・ゼロです。メーベと比較すると、全長はちょい短く、全幅は広め、フロントの切り落とし断面は細め+クリアパーツ使用と、先入観は禁物、これは完全にオリジナル金型ですね。最大の美点は実車に近い彫りのホイールと前後でトレッドが違うタイヤとの見事なバランス。サイド・シールドがデカール貼りのブラインド、トライアングル・フードにスリットが入っていない、シャシーが平坦、このへんが難と言えば難ですが、全体のシルエットはメーベ版の欠点を修正したかのごとくスムースにまとまっています。フードが開閉可能なのもやはり嬉しいです。いやはや、ピレン侮れじ。
IMG_2235.jpgIMG_2234.jpgIMG_2238.jpg
IMG_2236.jpgIMG_2233.jpgIMG_2237.jpg
posted by solido161 at 18:29| Comment(1) | TrackBack(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

シヴォレー・コルヴェット・スティングレイ by メルクリン
marklin 1818 chevrolet corvette stingray

IMG_2157.jpgIMG_2156.jpgIMG_2158.jpg
C3コルヴェット・スティングレイの難しいボディラインをうまく再現したメルクリンRAKシリーズの佳作。全体的なまとまりやミニカーとしての面白さはコーギーの品番300に譲りますが、偶然にもクレーガー・ホイールみたいなスピードホイールがマッチしていて好きなモデルです。
IMG_2159.jpgIMG_2160.jpgIMG_2161.jpg
IMG_2162.jpgIMG_2164.jpgIMG_2166.jpg
posted by solido161 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

メルセデス・ベンツ250 by メルクリン
marklin 1817 mercedes benz 250

老舗中の老舗もついに買収されてしまいました。新しい経営者のもとでシュコーのように見事な復活を遂げてくれることに期待したいです。
IMG_2045.jpgIMG_2044b.jpgIMG_2046.jpg
こちらは1800番台RAKシリーズのメルセデス250です。スピードホイールと非セダン系のモデルに見られた妙なデフォルメによってコレクターには敬遠されたRAKシリーズですが、このメルセデスの作りは今の目で見ても非常に真面目でしっかりしています。プロポーションも優秀、可動部も同時期のソリド以上にチリが合っていて開閉時の感触の素晴らしさは特筆モノです。メルクリンはこのシリーズを最後にミニカーから撤退することになります。
IMG_2049.jpgIMG_2051.jpgIMG_2050b.jpg
IMG_2048.jpgIMG_2052.jpgIMG_2043.jpg
posted by solido161 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(3) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

フィアット・アバルト2000ピニンファリナ by ギスバル
guisval 9 fiat abarth 2000 pininfarina

IMG_2003.jpgIMG_2004.jpgIMG_2005.jpg
初期ギスバルの中では傑出した出来のアバルト2000。小スケールのファンならやがてたどりつくモデルのひとつだと思います。プラ製エンジンのモールドもシャープです。
IMG_2007.jpgIMG_2006.jpgIMG_2002.jpg
posted by solido161 at 01:47| Comment(9) | TrackBack(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

フォルクスワーゲン1600TL by ダイヤペット
yonezawa diapet d-157 volkswagen 1600tl

IMG_1923.jpgIMG_1928.jpgIMG_1927.jpg
ワーゲン・ファストバックといえばマッチボックスとポリトーイに傑作がありますが、初期ダイヤペット製の味わいはやはり格別なものがあります。傑作というよりもはや名品の域ですね。モデル自体は他のアンチモニー・モデル同様に短命で1971年のカタログで早くも姿を消しています。そのカタログによれば、ボンネットしか開かない国産車モデルの380円に対してフルアクションのこのモデルには580円の小売価格が付けられています。現在のプレミア価格相場は完全に逆転してるのがなんだかなというか、ヤフオクのあれ何とかならないのかというか、そういう疑問はここ数年くすぶっておりますが。
IMG_1924.jpgIMG_1929.jpgIMG_1925.jpg
posted by solido161 at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

マトラM530 by メルクリン
marklin 1816 matra m530

IMG_1845.jpgIMG_1846.jpgIMG_1847.jpg
ライトウェイト・スポーツの傑作、マトラ・ジェットの後継車として1967年に発表され、その前衛的なフォルムで話題をさらったM530です。ミニカーはルーフ・パネルを実車同様デタッチャブルにした仏ディンキーのモデルが有名ですが、個人的にはこのメルクリン製も甲乙つけがたい出来で大好きなミニカーなのです。リアに開閉レバーが露出してはいますが、ヘッドランプがリトラクタブルなのはやはり嬉しいですし、またスピード・ホイールの奇抜さがこのモデルにはよくバランスしていると思います。よく見るとフロント・マスクの口にあたる部分に一枚板が挟んでありますのでこれは最初期のM530Aをモデル化したようです。
IMG_1850.jpgIMG_1851.jpgIMG_1852.jpg
なお、絶版ミニカーとしてはよくお店で見かけるメーベのマトラ530ヴィニャーレ、あまり出てこない中嶋製作所のミケロッティ・レザー(マトラ・ラセル)は共にこのクルマをベースにしたスタディ・モデルです。
posted by solido161 at 23:27| Comment(6) | TrackBack(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

フォルクス・ワーゲン181 by シク
siku 1335 vw181 fireman's command car
siku 1333 vw181 beach buggy with dingy
siku 1332 vw181 military

IMG_1815.JPGIMG_1820.JPGIMG_1822.JPG
キューベル・ワーゲンの発展型として1969年にデビューしたVW181の消防指令車です。4駆っぽいですがRR車なんですよね。シクもこのホット・スタンプのホイールとなると好き嫌いの分かれるところで、スタンプがずれてタイヤに及んでいる個体に出くわすこともしばしば。でもこのモデルにはフィットしてると思います。ダイキャスト本体の至らなさをプラスチック小道具系でカバーするのはシクの得意技ですが、トミカのソツのなさしか知らなかった小学生当時の僕にとってその点はかなり魅力的でした。わけてもこのモデルはカタログを見るたびに欲しくて辛抱たまらず日暮里のイケダに電話したことを覚えてます。店長のインパクトが強くてそれで手に入れたかどうか忘れたけど。
IMG_1821.JPGIMG_1817.JPGIMG_1818.JPG
小道具でビーチ・バギーに変身。カスタマイズじゃなくてディンギーラフトとオールも含めてオリジナルです。ちゃんとワイド・タイヤ履いてるし。あとミリタリー仕様もありました。
IMG_1823.JPGIMG_1824.JPGIMG_1816.JPG
IMG_1931.JPGIMG_1932.JPGIMG_1933.JPG
うーむ、こうなるとどうしてトミーはトミカ三菱ジープにダンディのような幌パーツを付けなかったのだろうという疑問が。ショップの方、いい話だと思いません?
posted by solido161 at 03:52| Comment(3) | TrackBack(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

デ・トマソ・パンテーラ ポリス仕様 by ブービー
buby 1101 ford pantera

IMG_1463.JPGIMG_1464.JPGIMG_1465.JPG
このミニカーはパッケージにも底板にも「デ・トマソ」の表記がなく、ずばり「フォード・パンテーラ」です。クルマの出自を考えればむしろ正しい呼び方なのかもしれません。ノーマル・モデルが手元にないのでポリス仕様を掲載しましたが、荒削りながら全体的にはよくまとまっているモデルだと思います。トミカのGTSはごちゃごちゃしたサイドビューで失敗してましたけどこちらは巧妙(テキトー)にクリアしてますね。
IMG_1468.JPGIMG_1469.JPGIMG_1467.JPG
posted by solido161 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

マセラティ・ボーラ by グリップ・テクニカ
eidai grip technica 33 maserati bora

IMG_1354.JPGIMG_1353.JPGIMG_1369.JPG
ミニチャンプスから遂にボーラがリリースされたようですが、写真を見る限りとてもイイ感じです。メラクも控えているようだし、この勢いでクワトロポルテやメキシコもぜひお願いしたいもんです。永大グリップ・テクニカのボーラもイイ感じでした。例によってペタペタと貼られていますが、SSSA=シーサイドモーターのステッカーは僕らスーパーカー世代にとってポイント高いですね。海外コレクターには意味不明だろうな。型がとってもよいだけに、永大さんにはシルバー系の落ち着いたカラーも作ってほしかったです。ステンレス・ルーフを塗り分けてるところはエラいかも。
IMG_1355.JPGIMG_1356.JPGIMG_1358.JPG
IMG_1357.JPGIMG_1368.JPGIMG_1362.JPG
IMG_1365.JPGIMG_1363.JPGIMG_1367.JPG
posted by solido161 at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

MGBロードスター by ミニ・ディンキー
mini dinky 19 MGB

IMG_1402.JPGIMG_1389.JPGIMG_1390.JPG
メジャー系の小スケール・ブランドの中で個人的にもっとも謎なのがミニ・ディンキーです。標準スケールが売れなくなった60年代後半の米国マーケット対策として英メカノ社が香港の下請工場に製造させたシリーズですが、モデルによってはペニーに比肩する出来ながら、質の悪い鋳造のために経年変化で腐食するというコレクター泣かせの存在でもあります。白い塊がボディを食い破ってぼこっと出てくるんですよね……こわっ。
IMG_1387.JPGIMG_1386.JPGIMG_1401.JPG
で、何が謎かって、資料本によればUS版カタログでは品番10のフォード・コルセアから品番61のロータス・フォーミュラまで途中欠番を除いて都合23台の乗用車がラインナップされているそうなんですが、その半分くらいは余程のコレクターの方でもご存知ないんじゃないでしょうか。だってミニ・ディンキーのフェラーリ・スーパーファストだのワーゲン1600TLだの、見たことないですよね? ぼくもずっとこれは未発売に終わったのだろうと思っておりました、ハイ。ところがつい昨年のこと海外のオークションで売りに出されているのを見ちゃったんですねこれが。近頃は元社員が試作品を売りに出すケースも増えてるようだけど、あれはちゃんとパッケージ付きでどう見てもフツーに製品化されたような雰囲気だったな。あれ以来ずっと探してますが全然出てこないですね、やっぱり。もうひとつの謎は品番60と61が香港メイドではなくオランダのベスト・ボックス(エフシ)製作となっていること、これはもうどうでもいいや。
このMGBロードスターはプラパーツを使っているせいか幸いにして腐食の難を逃れています。そろそろホイールがヤバそうですが。出来は文句なしだと思います。
IMG_1392.JPGIMG_1382.JPGIMG_1391.JPG
IMG_1393.JPGIMG_1394.JPGIMG_1398.JPG
posted by solido161 at 03:43| Comment(4) | TrackBack(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

フォード17M ADAC 故障修理車 by シク
siku v313 ford 17m turnier ADAC strassenwacht

IMG_1294.jpgIMG_1295.jpgIMG_1300.jpg
ACDC、ちがう、ADACとは消費者団体ドイツ自動車連盟の略です。アーデーアーツェーと読めばいいのでしょうか。故障車修理を中心に活動する言わば日本のJAF的存在ですが、自動車先進国ドイツのご意見番として安全基準から交通行政まで多大な発言力を持っています。60年代にはアウトバーンの救世主として「イエロー・エンジェルス」と呼ばれ、70年代には自己負傷者救出にヘリを配備し年間2万人の交通事故死亡者を6千人に激減させたという、JAFはカギ開けてる場合じゃないだろ(むかし営業車で世話になったけど)と言いたくなるカッコいい団体です。さっき調べました。
IMG_1297.jpgIMG_1299.jpgIMG_1301.jpg
IMG_1303.jpgIMG_1304.jpgIMG_1302.jpg
シクはたくさんADACのミニカー作ってますね。子供の頃からすごくそそられていました。カラーリングもさることながら、オマケがいっぱい付いてるのが楽しいです。この故障修理車シリーズはリアに積んだツール・ボックスを流用するかたちで初代がフォード17M、2代目がVWパサートと続きました。無線アンテナもステキです。デカールもよいです。金型もシャープです。
IMG_1307.jpgIMG_1308.jpgIMG_1309.jpg
IMG_1310.jpgIMG_1312.jpgIMG_1311.jpg
posted by solido161 at 02:14| Comment(1) | TrackBack(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

ロータス・エスプリ"007 私を愛したスパイ"ボンドカー by 永大グリップ・テクニカ"
eidai grip technica 102 lotus esprit "007 the spy who loved me"

IMG_0974.jpgIMG_0963.jpgIMG_0969.jpg
このミニカーにいちばんショックを受けたのはコーギーのセールスマンでしょう。会社が傾いているときに(時期的に、たぶん)こんな高コストなミニカーを作ってしまう模型屋としてのプライド。永大スピリットに乾杯です。
IMG_1081.jpgIMG_0966.jpgIMG_0975.jpg
IMG_0972.jpgIMG_0973.jpgIMG_0968.jpg
IMG_0964.jpgIMG_0965.jpgIMG_0971.jpg
IMG_0967.jpgIMG_0970.jpgIMG_0977.jpg
IMG_0981.jpgIMG_0980.jpgIMG_0976.jpg
そういえばロジャー・ムーアってあの白いボルボで知られる「セインツ」で人気俳優になったんですよね。
posted by solido161 at 04:33| Comment(7) | TrackBack(2) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月30日

トヨタ2000GT by プレイアート
playart 7122 toyota 2000gt

1967年モーターショー展示車、いわゆるツイッギー・ゴールドの2000GTがエブロと京商から相次いで発売されました。たまたまなんでしょうがプレイアートも極初期に作ってたということでヨロシクみたいな……シブいなぁ、いろんな意味で。
IMG_1079.jpgIMG_1074.jpgIMG_1076.jpg
IMG_1077.jpgIMG_1078.jpgIMG_1075.jpg
posted by solido161 at 03:10| Comment(2) | TrackBack(1) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

シトロエンDS21 by マジョレット
majorette 13(213)citroen ds21 (with 15 sterckeman lovely)

IMG_0939.jpgIMG_0940.jpgIMG_0941.jpg
近所のコープでも切らしたことはないマジョレット、おそらく世界でもっとも流通量の多いミニカー・ブランドかと思われます。どう考えてもメーカーとしてはしゃぎすぎたトミカに疲れた小スケール・コレクターがこちらに流出しているという話も聞きます。予告されたレア・モデルよりもスーパーはしごして見つけたバリエーションの方がエキサイティング、ですね。
画像は1968年から製造されたDS21単品とキャンピングカーとのセットです。ボンネットとトランクが開閉可能とがんばった分、ちょっとたてつけが悪いですが、難しいDSのプロポーションをよく再現していると思います。
IMG_0942.jpgIMG_0943.jpgIMG_0945.jpg
IMG_0947.jpgIMG_0945.jpgIMG_0944.jpg
IMG_0948.jpgIMG_0952.jpgIMG_0949.jpg
posted by solido161 at 02:48| Comment(2) | TrackBack(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。